2011年12月09日

「辛い」と「辛い」/ ベル演奏会ご案内


どっちがつらいでどっちがからいでしょう

…って、わからんがな ( T_T)\(^-^ )

先日、次女の祉音が同じ漢字で違う読み方の熟語を見つける宿題が出たので、熟語じゃないけど紹介したら、先生からOKが出たとのこと。
良かった 顔1(うれしいカオ)

…で、これは余談だけど、「辛」に一本足すと「幸」になるんだよね。

退院して3ヶ月、入院中の辛かったあんなことこんなことは全て楽しかった思い出話、笑話ネタに変わっていて、自由に飛び回れる幸せと共に、貴重な経験ができた幸せを改めてめいっぱい喜んでいます光るハート

…なので、退院後の私の元気な姿を見る友達、知人たちは皆さん涙を流してくださるんだけど、私は一緒に泣けなくてホントに申し訳なく思うのであります。

さんざん皆さんにご心配おかけしたのにゴメンなさい。
でも、こんなに心が元気だってわかっていただけるから良いかな顔1(うれしいカオ)

身体の方は、基本、元気なんだけど、リウマチかと疑いたくなる手のこわばり、関節痛、50肩?と思うような腕から肩にかけての痛みはちょいとイヤです。

昨日もビアノの練習をしていて、もし、痛くて指が、腕がダメでピアノが弾けなくなったらどうしようという不安に駆られました。

これから先、たとえできることがどんどん少なくなったとしても、たえず自分にできることを見つけながら生きていく覚悟が必要だなと思います。

無いものは数えず、有るものを数える、これは、何歳にでも、何人にでも言えることだけど、改めて自分に言い聞かせなければなりませんね。

まだまだこの世でやることがあるよと、取り上げられなかった命。

やるべきこと=使命
「命を使う」で使命なんだなぁって、改めて漢字に感動ハート
しっかり命を使って私にできること、与えられた任務をやらなくちゃ。

退院祝に、カエルの柄のハンカチを贈ってくださった方がいます。
「よみガエル」にひっかけてねにこにこ

よみがえるの漢字は二種類あるけど、ひとつは「甦る」
更に生きるだね。

使命感を持って更に生きていく、それが私の存在を喜び、私の為に涙を流してくださる皆さんへの恩返しと思って頑張るわグー

ここでひとつコンサートのご案内ですベル

マイミクどれみさんのハンドベルチーム「プロアルテ•ベルリンガーズ」さんがクリスマスコンサートを開催されます。
うちの息子、喜基はリンガーとして初参加な上に、歌まで仰せつかってます。
私も駆けつけたいけれど、その日は自分の本番があって行かれないの(号泣)
とてもとても残念です。

私の大好きなチームです。
関東在住の方、是非お出掛けください[m:76]

12/18(日) 14時開演
トッパンホール

詳しくはこちら

http://proarte.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=11


よろしくです八分音符
posted by mamaさん at 09:50| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。