2011年02月13日

「小さな幸せ」の歌詞の一人歩き?

2/11の夜放送のNHKの番組「無縁社会」で使っていただいた
私作詞作曲の「小さな幸せ」への問い合わせが、 2/12現在、100件以上きているそうです。
まず、NHKの番組関係者が気に入ってくださってるとのこと、牧師夫人亜由美さんから聞きました。
嬉しいことだなぁハートたち(複数ハート)

ただ、ネット上での歌詞の問い合わせがあったようで、それへの回答に掲載された歌詞が
間違っているのですふらふら
正しい歌詞を知っていただきたいので、載せます。

その前に、「小さな幸せ」誕生秘話から・・


「小さな幸せ」を作ったのは1995年の11月30日です。

田辺高校非常勤講師時代の教え子であるK子ちゃんの結婚式に 招かれるも、
その時は、次女の祉音を懐妊中でつわりがひどく、出席できなかったので、
曲を作って、録音したものをお届けして、披露宴で流していただいたのでした。

友達の結婚のお祝いに作詞作曲したのは11曲ありますが、
教え子の為に作詞作曲したのは、この曲だけです。

ちなみに、とある友達の結婚式では、ご来賓に小澤征爾さんのお兄様がおられて、
友達の為に書いた曲は何曲ぐらいあるんですか?と聞いていただけたので、
他にも10曲あることをお兄様にお話したら、
出版を勧められたけど、プロデュースしていただけた訳ではなく、
出版は実現しませんでした(笑)


番組を見てくださった方々からメールをいただき、
ほとんどの方が「泣きました」と書いてくださってたことに感激しました。

白浜バプテスト教会の聖歌隊を指導させていただいてるのですが、
月に2回伺っているものの、音がなかなか取れないのでレッスンははかどらず、
毎年、2〜3曲しか仕上げられません。
去年は、年始めにメンバーからの要望により、1曲は「小さな幸せ」を選曲、
もう1曲は「もみの木」に決めました。
結局、「もみの木」のハモり練習に時間がかかり過ぎて、
「小さな幸せ」の練習は手薄になってしまいましたふらふら
皆さん、歌詞の暗譜が大変だったようです。


2/11の放送では、歌詞は、一番はテロップで流れましたが、二番は出なかったので
書きますね。

1. 小さな小さな幸せは 小さな小さな喜びから
  いつだって どこだって 見つかるよ 小さな喜び

  神様が教えてくれた いつも喜んでいなさいと
  小さな幸せは ほんとは大きな幸せ

2. 小さな小さな幸せは いつでもいつでも感謝から
  どんなことが起ころうと 忘れないで 感謝

  神様が教えてくれた 心あたたまる方法
  小さな幸せは ほんとは大きな幸せ



2番で「心あたたまる」の歌詞を間違えた人がいて(何を隠そう、藤薮先生ですわーい(嬉しい顔))、グダグダになった状態が そのまま放送されたものだから、
多分、誰も「心あたたまる」だとはわからなかったと 思います (^_^;


楽譜が欲しいとの要望をいただいているので、月曜日にはJASRACへ権利者登録の手続きをしようと思っています。



水戸黄門のテーマ「あぁ、人生に涙あり」は、
牧師夫人 亜由美さんの指導でした。
選曲をしたのも亜由美さんかな?? 詳しく聞いてないから知らない(笑)
低い音域のミュージックベルを私が持ってるかどうかは聞かれたけど、
持ってないので、ベースの部分はピアノで、と相成ったのです。
ピアノを弾いてた人は、NHKのディレクターさんです。
(映らなかったけど)
緊張しながらも楽しんでおられました。


アップルリンガーズが映った時、半袖の衣装なのに、次女の祉音だけ衣装の下に黒い長袖を着ていたのは、
次のステージのしゅぴーれんの衣装の上にアップルさんの衣装を着たからです
ひとりだけ、ちょっとまずかったですね 。
まさかアップルさんを映していただけるとは思ってなかったもんであせあせ(飛び散る汗)



posted by mamaさん at 22:45| 和歌山 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。